【名言シリーズ】12星座×有名画家の名言・モットー・思想

Posted on

12星座別の有名画家の名言をまとめました。その星座らしいパッションを感じる言葉を私なりに選んでみました😆インスタでは1つだけ掲載しましたが、こちらでは選んだ名言を全部載せています。
(名言が無かったり極端に少ない星座は、2人チョイスしたり画家以外の人をチョイスしています)
名言が少ない画家もいるので、バラ付きが激しい。。

【12星座×有名画家の名言】

♈️牡羊座:ゴッホ 

自分の中で一度燃え上がった想いというのは、止めることが出来ない。

直観力と想像力を、抑え込んではならない。

あなたのインスピレーションやイマジネーションを抑えてはならない。

模範の奴隷になるな。

このまま行けと、僕の中の僕が命じるんだ。

私はいつも、まだ自分ができないことをする。そのやり方を学ぶために。

僕の人生はそれほど長くないだろう。

だから僕は一つのことしか目に入らない無知な人となって仕事をするつもりだ。

たとえ僕の人生が負け戦であっても、僕は最後まで戦いたいんだ。

99回倒されても、100回目に立ち上がればよい。

♉️牡牛座:ダリ

本物の画家というのは歴史の騒乱に囲まれながらも洋ナシを根気強く描ける人だ

完璧を怖れる必要はない。決してそこには到達しないから

自由であるとは、自由であるべく呪われていることである

時間は私たちに残された数少ない大切なものだ

過去とは、所有者の贅沢だ。過去を整頓しておくには一軒の家を持つことが必要だ。私は自分の体しか持たない

その人がいい趣味をしてるかどうかを見極めるのは簡単だ。絨毯と眉毛がマッチしているかだ

青春というものは奇妙なものだ。外部は赤く輝いているが、内部では何も感じられないのだ

我々は何をするにも、常に自分自身に問わなければならない。もし皆がそうしたら、どんなことになるだろうと

♊️双子座:ゴーギャン

人生の長さは一秒にも満たない。その僅かな時間に永遠に向けての準備をしなければならないとは!

見るために、私は目を閉じる

文明とは、麻痺状態のことだ

芸術は、盗作であるか革命であるか、そのいずれかだ

我々はどこから来たのか?我々は何者なのか?我々はどこへ行くのか?

自分の道をしっかりと歩みなさい。でも、あえて1日2時間はワイルドに。

自然をコピーしてはいけない。芸術は抽象的なものです。むしろ、自然の前で夢を見て、もっと創造的に考えることで、あなたの芸術が発揮されます。

♋️蟹座:シャガール

心を込めて創り出した時は、たいてい何でもうまく行く。頭を捻ってひねって作り出しても、おおよそ無駄である

愛だけが私の興味を引くものだから、愛を取り巻くものとしか私はかかわりを持たない

色は、近い色同士が友人で、反対の色同士が恋人

私を幻想的と呼ばないでほしい。反対に私はレアリストなのだ。私は大地を愛している

絵を描きあげたとき、私は最終テストとして、神の制作物、石や、花、小枝、あるいは私の手を絵の上にかざす。もし、絵画が人の作りえぬものに寄り添うならば、その絵画は本物である。もし、衝突するならば、それは失敗作である

人生には単一の色がある。芸術のパレットと同じ様に、その色は人生と芸術の意味を与えてくれる。それは愛という色だ

♌️獅子座:ミュシャ/アンディ・ウォーホル

ミュシャ

芸術の目的は美を輝かせることだ

アンディウォーホル

孤立することが悪いなんてちっとも思わない。僕にとっては最高の気分さ。

自分について何か書かれていても、その内容は気にしちゃいけない。大事なのは、どのくらいのスペースが割かれているかだ。

それはあまりたいした問題じゃない。私はいつもこの「それはたいした問題じゃない」という哲学を持ってきた。

よく同じ問題に長年悩まされ続けてる人がいたりするけど、そんな時「だから何なんだよ」って言ってしまえば済むことさ。これは僕の好きな言葉のひとつさ、「だから何だってんだ」

♍️乙女座:葛飾北斎/ターシャ・テューダー

葛飾北斎

このままで良いのか。現状に満足してはならない。

掃除をする暇があるなら、絵を描きたい

枠にとらわれた絵を描きたくない

思えば七十歳以前に描いたものはみな、取るに足らないものだった。

ターシャ・テューダー

バーモントの冬は厳しく長いので、忍耐が必要です。でも、この忍耐の先には、いっせいに花開く輝きの季節が待っているの。冬の間、わたしはいつもそのことを考えているわ。辛い時こそ、想像力を枯らさないで

わたしは、勤勉でまじめな典型的なニューイングランド人です。支払いを先に延ばすことなど思いもよらないし、約束は必ず守ります。うそをつくこともありません。でも、楽しくない集まりから逃れたいというような時には、ちょっとぐらい真実を曲げてもいいのよ。退屈した時、山羊はとても便利。「乳しぼりの時間なので」と言って、失礼できるでしょう

わたしの絵を気に入ってくださる方は、「創造力が発揮できて楽しいでしょう?」と言うけれど、それは見当違いよ。わたしは売るために絵を描いているの。生活のため、食べて行くため、そしてもっと球根を買うためにね

家事も仕事も完璧になんて、いくわけがありません。そもそも、わたしには、完璧にこなしているものなんて、ひとつもないわ。ただ、問題が起きたらそれを克服しようとベストを尽くし、仕事では絵の腕を上げようと努力しているだけ。だいたい、世の中に、完璧なものなんて、まずないでしょう。完璧なのは、開花したばかりの花や、生まれたばかりの赤ん坊くらいじゃない

責任を果たすのは当たり前という気持ちを持つことは大切だと思います

一生は短いんですもの。やりたくないことに時間を費やすなんてもったいないわ

人生は短いから、不幸になってる暇なんてないのよ

急ぐことがいいとは思いません。わたしは何でもマイペース。仕事も、スケジュールを決めず、納得するまで時間をかけます

♎️天秤座:ミレー/ル・コルヴィジェ

ミレー

他人を感動させようとするならまず自分が感動せねばならない。そうでなければいかに巧みな作品でも生命を持たない。

ル・コルヴィジェ(建築家)

建築する「それは秩序づけること」

建築家は、相反する要求条件でも、いずれをも切り捨てることなしにうまく処理しなければなりません。

快適さとは涼しさでしょう。すなわち空気の流れや日陰です。しかし陽光を楽しみたいと思う季節には、やはり適当な時刻に太陽がさしこむべきなのです。また、やぶ蚊が余りに多いので何らかの策が講じられぬ限り窓を開け放つ事も許されません。

家は生活の宝石箱でなくてはならない

♏️蠍座:ピカソ

できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、無情なゆるぎない法則である。

いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ。

絵を描くのは美的活動ではない。この敵意に満ちた奇妙な世界と我々の間を取り次ぐ、一種の魔術なのだ。

芸術は悲しみと苦しみから生まれる。

回教徒が寺院に入るとき靴を脱ぐように、私は仕事中、ドアの外に肉体を置いてくる。  

私は捜し求めない。見出すのだ。

人生で最もすばらしい癒し、それが愛なのだ。

♐️射手座:ムンク

絵画を説明することは不可能である。

ほかに説明するすべがないからこそ、その絵が描かれたのだ。自分がどの方向へ進もうとしたのかについて、かすかな暗示を与えることができるにすぎない。

生の不安も病もなければ、私はまるで舵のない船だったろう。

芸術は、私の生活に、一つの意味を与えた。

わたしは芸術を通して、光を求め続けて来た。

わたしの芸術は、わたしに必要な、杖であった。

♑️山羊座:セザンヌ

眼前のものに深く入ること。そしてできうる限り論理的な自己表現を、忍耐強く行うことです

私はユダヤの偉大な指導者、モーゼのように約束の土地に入れるのでしょうか?わずかに進歩しましたが、なぜこんなに遅々として骨が折れるのでしょう。芸術とは、ほんとうに聖職者のように、それに全身全霊を捧げる純粋な人々を求めるものなのでしょうか?

自然に基づいて絵画を描くことは、対称を写生することではない。自分の感動を現実化することである

感情が伴わない作品は、芸術ではない

♒️水瓶座:マネ

つねに自分が支配者で、楽しまなければならない。嫌な仕事など、してはならない。

真実は、他人の意見にまどわされることなく、おのれの道を進むことだ。

♓️魚座:ルノワール

絵というものはぼくにとって、愛すべきもの、愉しくて美しいものでなければならないんだよ。そう、美しいものだ!人生には厭なことが多すぎるんでね、これ以上厭なものなんかこしらえたくないんだよ

私には規則や方式は一切ない。裸婦を見る、すると幾千ものちいさな色合いが見えてくる。その中から、生き続けるものを探し出し、そのようにして真新しい色調をキャンバスの上に躍動させるのだ

芸術が愛らしいものであってなぜいけないんだ?世の中は不愉快なことだらけじゃないか

楽しくなかったら絵なんか描きませんよ

人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない

自分の描いているものが好いのか悪いのか、さっぱり判らなかった。 

だが完全に、どうだっていいやと思うところまで到達していたんだな

風景なら その中を散歩したくなるような、女性なら その人を抱きしめたくなるような、そんな絵を私は描きたい



それぞれの星座らしさがよく出てるのばかり😚
以上チコチェルシィでした⭐️