牡牛座の住居運のお話★エリア・家・内装・インテリア

Posted on

おうし座と相性の良い家&悪い家

おうし座


前にインスタグラムに載せた、家×12星座シリーズです!インテリアが好きなので、こういうコラム書きたかったんです♪家は体も心も休める大事な空間!星座の本質と照らし合わせて、どんな家なら相性が良く、どんな家を避けたほうが良いかをまとめました。エリア:家・内装・インテリアの4つで見ていきましょう!

【補足】
さらに深堀りするなら、生まれた瞬間に東の地平線にあった星座(アセンダント)&月星座&金星星座の3つ合わせてみると良いかも★月星座は「快・不快を決める星座」と言われているので、住まい運を見る時には月星座の星座も重要視するよ!パッと思いつく住みたい家の外観や雰囲気なんかは「アセンダント」の影響も出ると思うし、金星星座は「こんな家が理想!住めたら楽しめそう」という願望が反映されるかも⭐️調べられる人は是非調べてみてね。

■牡牛座の住まい運

牡牛座は愛と美の星である金星の守護を受けた土の属性を持つ星座です。金星は『トキメキ』『美しいもの』『平穏』、土の属性は『安定』『落ち着き』『物質』がテーマになってきます⭐️守護星の他に、牡牛座を示す西洋占星術のワードとして『I have 』があります。牡牛座は所有の星でもあるので、物を欲する傾向が12星座で一番強くなります。これらを考えると、牡牛座の家に必要な要素は、心がときめくものが沢山あることと、平和かつ安定感のある落ち着ける空間であることがわかります😊
牡牛座は12星座順で言うと偶数なので、星の力が内向きに働く内向星座となります。内向星座の力が行動に反映されると、何が起こるかわからない外の世界に積極的に出ていくより、安全な場所(家)でゆったり過ごすのを好むという形で出てきます。そんな牡牛座は、家との相性が運気に直結しやすい星座と言えます。
牡牛座さんは無意識的に自分がホッとする空間を選ぶ感受性の鋭さがあるので、住まい運の解説を見なくともすでに備わっていると思いますが、「やっぱり〜」と納得させるのも楽しいと思うので、是非目を通してみてください😊

■牡牛座と相性の良い家

牡牛座は住居においても『安心感(安定感)』がキーワードになります。土の星座である牡牛座は、土から力をもらえる星座なので、安定感のある土壌=平地に住むと気持ちがホッとします。家を建てる場合は地盤はもちろん、土台がしっかりしている造りかどうかも重要です。
相性の良いエリアは、治安の良い大都市の郊外や、地方の中心都市です✨

そして何より、木のぬくもりと静けさが必要になります。牡牛座は土と緑との繋がりが非常に深い星座なので、木や植物がないとエネルギーの回復が滞り出してしまいます。部屋から庭が見える家は常にエネルギーを回復させてくれる最高の環境です。庭いじりも牡牛座のラッキーアクション!
『土』×『美しいもの』ということで、牡牛座は花や観葉植物、ガーデニング・家庭菜園に興味を示すことも多いのです。室内や庭に植物があるだけで相性がバッチリになってしまうほど、植物から得られる効果が絶大です。そこのところ、12星座中ダントツです!
牡牛座は「物作り」や「職人」という要素も持っているので、自分の城を自分の好きに作っていきたい性質もあります。好きに家をカスタマイズ出来たり、DIYが出来る家も牡牛座の感性を活かせるので、存分に楽しめることでしょう✨そうなると、賃貸より一軒家が向いています。一軒家なら庭もあるし!

相性の良い家は、やはり木の素材感を基調とした家です。外壁にレンガを使った家もOKです!
インテリアは、グリーンやアースカラー中心にすると良いです。木目が見えるテーブルを置いたり、草木をイメージさせるファブリックを使ったり、緑溢れる庭があると更に◎です。植物が好みそうな落ち着いた水の色を彷彿とさせるネイビーカラーも、牡牛座の気持ちを潤すカラーです✨
コンクリート調の人工物が基調となっている部屋の場合、植物をどこかに置くだけでだいぶ変わりますよ🤗

家の広さは相性に影響がないのですが、どこを見ても心ときめくものが目に入るように、好きな雑貨・家具・絵ハガキ・服・植物など配置することで運気が上がっていきます。物でゴチャッとしているくらいの方が牡牛座の本能を満たしていることになるのです✨家に物があふれるというのは、「牡牛座あるある」かもしれません。
ちなみに築年数の新しい/古いも運気に影響はありません。新旧問わず、住んでて安らぐかが重要なのです⭐️

■牡牛座と相性がイマイチな家

相性の良い家の逆の内容になるのですが、土の星座の安定感を望む気持ちを揺るがすのは、山・窪地・小高い丘や山に差し掛かるエリアになります。土壌に不安のある海や川のそばも避けたいところです。これらの場所に住むと、不思議と気持ちが落ち着かず、不安定な運気になってしまうのです。
また、大都市の中心や田舎の辺鄙な場所も避けたいです。人がひしめき合っている大都会や、逆に人がいな過ぎる辺鄙な場所は、何かと不安感を感じやすいので避けた方が◎です。

相性の悪い家は、コンクリート・鉄骨鉄筋・鉄やステンレスが露出している家です。これらの家に住んでいる場合、すぐさま目に入りやすい所に緑を置いてください。緑っ気がない部屋は一番ヤバイです!私の読んだ古い本に、「牡牛座は緑を見ないと精神異常をきたす」と書いてありました😨ホントだったらヤバい!

他には、広さがあっても物が無くて閑散とした部屋も避けたいです。五感を刺激し続けることでエネルギーを蓄える牡牛座の運気が下がってしまいます。物が少ないお部屋にお住まいの場合、アロマで好きな匂いを漂わせたり、常に音楽や自然の音を流すなどしてみてください★静かに時計の音がする部屋なんてのも良いかも✨もちろん、うるさすぎない音でね⏰

家にいてもなんだか疲れが取れない、エネルギーがチャージされている気がしないと思ったら、相性の良い家に近付けてみてね⭐️

チコチェルシィ
チコチェルシィ

牡牛座の住まい運についてでした⭐️住む場所は大事!
以上、チコチェルシィでした!