牡牛座 – Taurus

おうし座

チコチェルシィが牡牛座について語ります

よく言われる3×3:忍耐力×芸術性

基本的に家や近場のお店でゆったりのんびりが好きで、保守的と言われる星座です。
保守的ゆえ忍耐力があると言われることも多いでしょう。好きなことはジックリ楽しみます。長くゆる~く楽しみます。よく占いの本で「保守的」と書かれがちなのは、常に気持ちが「外へ!冒険だ!」とならず、「安心できる所でのんびりしたい」だからです。
しかしそんな牡牛座、好きなものを見るためならバンバン動けます。目的の対象があるかが大事!
芸術性のあるものへの興味が強い人が多いため、その目的の対象というのはきっと美的センスをくすぐるような素敵なものなんじゃないかな。

性格

守護星は金星。金星は美的感覚・満足感・楽しむ力・芸術性・愛と美と平和を慈しむ気持ちを与えてくれますが、マイナスに出る要素として、金銭感覚の欠如・欲の強さ・快楽的・怠惰・自分の楽しみを優先しすぎるという点も併せ持っています。(プラスとマイナスの比率は牡牛座によってマチマチです)
金星が守護星の星座は牡牛座と天秤座の2つですが、牡牛座は内向きに、天秤座は外向きに力が発揮されます。そのため、牡牛座は自分の好きなものを集めたり、自分が良いと思うもので固めたり、他人を意識しない形で金星の力が発揮されます。

プラス面が出ている牡牛座は良い意味で欲張りになり、とことん自分の道を極めるような生き方をするようになります。1つのことを追い続けて自分流のやり方や自分流の美学を磨き上げ、力をつけていきます。心の中の職人をジックリ育てていくイメージです。
牡牛座としての品位が高まるほど、自分のやり方を他人に押し付けない大らかさを持つようになります。自分のやり方にこだわりがあるからこそ、他人のこだわりを尊重できるようになるわけです。
また平和主義者の気質も穏やかになり、自分の領域も他人の領域も荒らさないように気配りし、周囲に愛嬌を振りまいたり、甘え上手になったり、社交術も高くなっていきます。
金星の力が良い方向に発揮されることで、美的感覚や五感が研ぎ澄まされ、才能あふれる人になります。保守的ながらも、その才能を活かせる道にチャレンジしていきます。
センスが良いので、良い物や美味しい物を教えてくれる人として頼られるようになることも。

しかし金星の力がマイナスに働いている牡牛座は、「自分に甘くなる」「自分の快適さを優先させる」という方向に力が向いてしまうため、他人に厳しく自分に甘い人格となります。牡牛座の意固地で頑固な気質がより強まり、身近な人に苦労をかけるようになっていきます。牡牛座は内向星座のため、力が身内や身近な範囲で発揮されるのです。
平和主義者の気質もマイナスに発揮され、「自分が幸せならそれで良い」という考えが根付いてしまい、他人の都合はお構いなし。他人に合わせて自分を変化させることが耐えられないため、他人の希望を通すのはもちろん、少しの妥協や折衷案に乗ることさえもしなくなります。人に我慢を強いているのに、自分がその立場になったらどうかを考える余裕が持てません。身近な人に負担を追わせ続けるようになります。
自分の感覚に合わない意見は完全否定の上、他人の思惑や感覚を少しでも理解しようとしないため、「あの人は頑固だし、気を遣うから声かけなくて良いや」と避けられ、だんだん慣れ親しむ人がいなくなる傾向があります。…が、本人は「どこ吹く風」状態かも。
怠惰さが強まる場合もあります。そうなってしまうと牡牛座本来の向上心がなくなり、無意識に中途挫折状態に陥っていきます。
不摂生な生活になることもあります。物が捨てられない星座でもあるので、ゴミ屋敷予備軍に陥るかもしれません。
また、何事もお金が判断基準になり、常に自分より上の人と比べては不平不満に苛まれていきます。

環境の変化が12星座中で一番苦手な牡牛座。現状維持志向と言われるのもこのため。(理想の生活や安定した生活のためなら動けるのですが、それは快適さを求める金星の力のおかげ)
自分の意図しない変化に耐えられず、時間が多少前後する程後の変化でも逐一ストレスになるほどです。品位が下がるにつれ、自分にとって快適なリズムを他人に崩される事に神経質になり、家でも外でもイライラした態度や拒むような態度を示すようになります。会社や公の場所でも構わずそういった態度を示すため、社会生活にも影響が出てきます。が、きっとそれも周囲の人が苦しむだけで本人はどこ吹く風でしょう。

そして牡牛座の持つ『生涯イヤイヤ期』もレベルアップ。「イヤなものはイヤ!無理なものは無理!」と過剰な表現で否定するようになり、扱いにくさがUPします。そして嫌味を言い過ぎるようになります。子どものような自惚れが強くなり、例え自分が悪くても責任回避して謝らないなどザラです。
さらにもっと品位が下がった牡牛座は、自分の思う通りにいかないと人を傷つけてでも自我を突き通す頑固さが出ます。嫉妬する気持ちも強まり、「自分はこんな境遇なのにずるい」と恵まれた人に対して執拗に愚痴を言ったり、エスカレートすると直接嫌味を言ったり、嫌がらせするレベルにまでいきます。

外見に多く見られる特徴&印象

頬はふくよかめ。微笑むとエクボが出来やすい。触る機会ないけどホッペ柔らかそう。
顎はしっかりしている人が多めです。牡牛座はグルメさんが多いし、きっとよくモグモグして食べるから顎がシッカリしてるのかもしれない。
ガリガリの人との遭遇率が低いと言われがちなのだけど、確かになぁ~と私も同意見。
スポーティー健康的ガッシリ型か、痩せていても硬さを感じないホワホワ柔らかそうな体型という感じ。
牡牛座女子は肩が広めの緩~い逆三角形体型で、牡牛座メンズは肩を中心にガッチリ逆三角形体型が多いです。小さい頃の私は、ミノタウロスっぽさを足すイメージで覚えました。(笑)

牡牛座は喉と首を司る星座なので、美声の持ち主も多いです。
通常の牡牛座さんに限らず、生まれた時の東の地平線(ASC)に牡牛座がある人も美声要素が加わることが多いです!
私のお友達にも、魚座だけど東の地平線に牡牛座がある瞬間に生まれた子がいて、カラオケに行くとみんな聞き入ってしまうほどの歌唱力を持っています。あーうらやましい~!

牡牛座の声質について語っているページはこちら→牡牛座の声質&声のイメージ★

恋愛の話

牡牛座は会うたびに相手のことが本当に好きか慎重に確認します。毎回「やっぱり好きだなぁ」と思うことで持続性のある恋をするタイプ。自分から動くことは稀だけど、動いた時は本気の時!
好きな人が出来てからも、ジックリ時間をかけて好きになるし、アプローチされてもすぐには結論を出さずに考えます。
選ばれるのは親睦度(信頼度)ランキング1位の人です。モテる牡牛座にアプローチする場合は、1位になるまで気長に頑張りましょう。
すぐに諦める人にはなびかないボスのような風格があるから、牡牛座にアプローチする人は基本的に持久戦になるので頑張ってください!

適職&天職の話

牡牛座は持って生まれた才能がある星座No.1と言われるだけあって適職が多すぎる!その才能を本業ではなく、趣味や副業に向ける牡牛座も多くいます。

牡牛座全体という括りでは、「五感を活かす」「日常に彩りを加える」「美」「女性」に関するお仕事が適していると言われています。牡牛座の守護星は金星なので、美しくさせる・誰かの日常に楽しみを与える仕事との相性が良いのです。五感を使った仕事は後ほど箇条書きにするので、まずはそれ以外で★
まず、服・宝石・アクセサリー関係・オーガニック食品・有機野菜農家・化粧品・美容関係・美容師・トリマー・職人・陶芸家・雑貨屋さん・素材の良い物を扱うお仕事・女性向け用品や女性に寄りそうサービス業 など、色彩感覚を活かしたり、見ていて感性が刺激される物に着目したお仕事に向いています!
土の属性を持つ星座なので、土に関係するお仕事(ガーデニングやお花屋さん・フラワーアレンジメント・植木職人・石に関わるお仕事 )なども◎。美の表現が前提になるので、農業の場合は見栄えの美しい作物を扱うと持ち前の審美眼を活かせそうです。
また牡牛座は身体の部位では喉と首に星の力が宿ると言われているので、特徴的な声質だったり、美声の持ち主が多かったり、お喋りを好むと言われています。それを活かして、歌手・司会業・アナウンサー、声優、Youtuber など、声を使って何かを発信するお仕事も◎です!
牡牛座は身体感覚を体に落とし込む能力に優れていて、五感の鋭さと審美眼は12星座中1位!自分が良いと思った物を拡める広報のお仕事・インフルエンサー・セレクトショップのオーナーも良いかもしれません五感を活かすお仕事はたくさんあるので、適性のある職業を思いつくままに箇条書きで書きます↓

  • 視覚を活かす系→画家・イラストレーター・クリエイター・ファッション関係・デザイナー・スタイリスト・ネイリスト・化粧品・美容部員・ガーデニング・芸術関係・写真家・インテリアデザイナー
  • 味覚を活かす系→パティシエ・料理人・シェフ・カフェのオーナー・飲食店評論家・料理評論家・料理教室の先生・管理栄養士・食品の開発、宣伝 など
  • 嗅覚を活かす系→アロマテラピスト・香水、フレグランス関係・清浄な空間を作るデザイナー・ソムリエ・バリスタ も良さそう★
  • 聴覚を活かす系→歌手・ミュージシャン・音響、音声関係・サウンドエンジニア・楽器関連 など
  • 触覚を活かす系→人肌に触れて癒すエステティシャン・マッサージ師・整体師・フワフワした素材を使った商品開発・髪質改善サロン とか

さらに詳しく適職&天職を語っているページはこちら→牡牛座の適職&天職を分析してみた★(リクエスト)
▲牡牛座を6つに分割して語っています。

牡牛座の更新記事

随時更新される記事はこちらで随時更新
https://chicochelsy.com/category/horoscope/taurus/

牡牛座に該当する記事がある程度溜まったら、このページに追加していきます。(最終更新2021/2/7)

その他の星座も見る?